PyCharm+pipenvでPython開発環境の構築【Windows10】

データ解析、機械学習、ディープラーニング内で収まればAnaconda環境で十分でしたが、スクレイピングやAPI利用などもやってみたくなりました。そうなるとcondaではフォローしていないパッケージのインストールも増えてきたため、思い切ってAnacondaを卒業して、純粋なPython(”VanillaPythonと呼ぶらしい)で環境を再構築することにします。ここでは、その手順を残しておきます。

Windows10でPyCharm+pipenvのPython環境の構築する方法

まずAnaconda等が入っている場合は、素のPythonをインストールする前に削除しておきます。

Cコンパイラのインストール

Pythonの拡張モジュールをインストールする際に、Cコンパイラが必要となる場合があります。WindowsではCコンパイラが添付されていないため、必要に応じて別途インストールします。

python japan:Cコンパイラのインストール

VanillaPythonのインストール

① 以下から、OSにあったpythonインストーラーをインストールしてくる。

https://www.python.org/downloads/

Windows10 64bit向けのPython 3.7.7 (リリースMarch 10, 2020)のWeb経由のインストーラーはこちら→Windows x86-64 web-based installer

② ダウンロードしたら起動し、「install launcher for all users」と「Add Python x.x to Path」にチェックして「Install Now」を選択。

pipenvのインストール

① コマンドプロンプトを開き、py -m pip install pipenvと入力

※「Could not build wheels since package wheel is not installed」というエラーが出る場合は、py -m pip install wheelでwheelをインストールする。

PyCharmのインストール

PyCharm+pipenvを使えるようにする設定

PyCharmのプロジェクトとしてpipenv環境を作成する

  1. PyCharmを開く → 新規プラジェクトの作成。
  2. プロジェクト・インタープリター:「Pipenv」を選択。
  3. ベースインタープリターにインストールした素のPythonを指定。
    自分の場合は「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Programs\Python\Python37\python.exe」
  4. Pipenv executableにインストールしたpipenvのpathを指定
    たいていPython下のフォルダにある。自分の場合は「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Programs\Python\Python37\Script\pipenv.exe」
  5. 作成をクリック

作成したpipenv仮想環境へのパッケージのインストールは、プロジェクト内の「ターミナル」(デフォルトで下の方のタブにある)からpip installで行えます。

投稿者:

echomis

化学メーカーに勤務する薬学院卒研究員。興味のある科学技術(化学、生物、機械学習)についての勉強メモや役立つ情報などをブログにしていこうと思います。 echomis の投稿をすべて表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です